コンセントレーションカールのやり方や効果を解説

SHARE

コンセントレーションカールのやり方や効果を解説

マキシマムP

ハッハッハッ!今日はコンセントレーションカールのやり方について教えていくぞー!!!!
むっ!確かコンセントレーションカールは腕を鍛える筋トレではないか!!

ヒーローK

マキシマムP

うむ!男なら最低でも鍛えておきたい部位があるもんだ!!その一つが腕の筋肉!!!
コンセントレーションカールを行うことで、腕を鍛えることができるといいたいのだな!?

ヒーローK

マキシマムP

そうだ!!コンセントレーションカールさえやれば腕をガチガチにすることができる!!特別にやり方を教えてやろう!!!

 

コンセントレーションカールとは

マキシマムP

コンセントレーションカールについて伝授するぞ!!!

 

コンセントレーションカールは、椅子に座りながら片手に持ったダンベルを持ち上げることで腕の筋肉を鍛えることができる筋トレです。

肩を太ももに固定しながら行うことで、腕の中でも内側に刺激を与えることができます。

ダンベルがあればどこでも行うことができるため、とても人気が高い筋トレでもあります。

しかし、コンセントレーションカールは案外正しいやり方で行うことが難しい筋トレでもあるため、筋トレ初心者では難しいところもあります。

ですが、コンセントレーションカールのポイントさえ理解すれば誰でも行うことができます。

 

コンセントレーションカールは、正しいやり方さえ覚えれば誰でも行うことができるぞ!!

ヒーローK

スポンサーリンク

コンセントレーションカールで鍛えることができる筋肉

マキシマムP

コンセントレーションカールでは腕の筋肉の中でも特にここを鍛えることができるぞ!!!

 

コンセントレーションは、上腕二頭筋上腕筋を集中的に鍛えることができます。

 

上腕二頭筋

上腕二頭筋は腕の筋肉で二の腕の上側についている筋肉です。

主に肘を曲げる動作に使われています。

上腕二頭筋は長頭と短頭の2つの筋肉から構成されています。

コンセントレーションカールのメインで鍛えることができる筋肉は上腕二頭筋です。

上腕二頭筋についてさらに詳しく知りたい方は「ダンベルを使った上腕二頭筋4つの鍛え方」に詳しくまとめてありますのでそちらをご覧ください。

 

上腕筋

上腕筋は上腕二頭筋の深部に位置している筋肉で上腕骨に覆いかぶさっています。

主な役割は上腕二頭筋と同じで肘を曲げる動作で使われています。

上腕二頭筋を刺激することで上腕筋も一緒に鍛えることが可能。

鍛えることで重い荷物でも軽々持ち上げることができ、男らしいたくましい腕を形成するこができます。

上腕筋を集中的に鍛えることができる筋トレは「上腕筋を鍛えることができる15の筋トレ」に詳しくまとめてありますので合わせてご覧ください。

 

うむ!上腕二頭筋を鍛えることができるとは!!!素晴らしい

ヒーローK

スポンサーリンク

コンセントレーションカールのやり方

マキシマムP

コンセントレーションカールの正しいやり方について詳しく説明していくぞ!!!

 

  1. ベンチに座る
  2. 片手でダンベルを持つ
  3. 足を肩幅より広く開く
  4. ダンベルを持った腕をももに固定する
  5. 腕を軽く伸ばす
  6. ゆっくりダンベルを持ち上げる
  7. 元に戻す
  8. 繰り返す

 

これでコンセントレーションカールのやり方について理解することができたな!!!

ヒーローK

スポンサーリンク

コンセントレーションカールで意識すべき5つのポイント

マキシマムP

コンセントレーションカールを行う際に意識すべき5つのポイントをまとめたぞ!!!

 

腕を伸ばし切らないようにする

腕を下げる際には伸ばし切らないようにすることが重要。

伸ばし切ってしまうと、筋肉の緊張が解けてしまい、ダンベルを持ち上げる回数を重ねることができなくなります。

それでは、筋肉を効率良く鍛えることはできませんよね。

また、急に緊張を解いてしまうと怪我の原因にもなります。

ですので、腕は伸ばし切らずに軽く曲げた状態をキープしながら行うようにしましょう。

 

肩から肘を固定した状態で行う

コンセントレーションを行う際には、肩から肘を太ももにつけ固定することがポイント。

肩や肘がブレてしまうと、上腕二頭筋に負荷を与えることができなくなるためしっかり鍛えることができません。

それでは、コンセントレーションを行う意味がなくなってしまいます。

腕がブレないようにするためにも肩から肘は固定し行うようにしましょう。

 

反動を使って行わないようにする

ダンベルを上げる際に反動を使わないようにすることも一つのポイントになります。

反動を使うと上腕二頭筋以外の筋肉が関与するため、上腕二頭筋の負荷が低減してしまいます。

それでは、しっかり鍛えることができませんよね。

上腕二頭筋をしっかり鍛えるためにも反動を使わずに行うことが大切。

反動を使わないためには動作をゆっくり行うことが重要になります。

 

手首を内側に巻かない

ダンベルを持ち上げる際には内側に手首を曲げないようにしましょう。

手首を曲げることで上腕二頭筋の負荷が前腕に逃げてしまいます。

負荷を前腕に逃さないようにするためにも手首は曲げないで、通常の状態を固定しながら行うようにしましょう。

 

限界に近づいたら片手で補助しながら行う

筋トレは最大限行うことで効率良く筋肥大をすることに繋がります。

ダンベルを持ち上げる際に、限界を感じた場合は片手で補助しながら行うことが大切。

補助しながら行うことでも筋肥大を効率良く行うことができます。

 

この5つを理解することで正しいやり方で行うことができるんだな!!!

ヒーローK

スポンサーリンク

コンセントレーションカールでやりがちな4つのNG

マキシマムP

ポイントはしっかり掴んだか??ここでは、コンセントレーションカールでやりがちなつの間違いを説明するぞ!!!

 

肘を固定していない

コンセントレーションカールを行う際に太ももに肘が固定されていないことがあります。

しかし、肘を固定しない状態で行うと腕がブレてしまい、上腕二頭筋への負荷が低減してしまいます。

上腕二頭筋をしっかり鍛えるためにも肘をきちんと固定しながら行うようにしましょう。

 

上腕を戻す際に伸ばしきっている

腕を戻す際に伸ばしきってしまうことも、コンセントレーションカールでやりがちなNGの一つ。

それは、最後まで腕を伸ばすことで筋肉の緊張が解けてしまうからです。

当然、筋肉の緊張が解けてしまうと、筋肉に刺激を与えることができなくなります。

それでは、上腕二頭筋を鍛えることができませんよね。

ですので、コンセントレーションカールを行う際には肘を軽く曲げた状態を意識することが非常に大切です。

 

反動を使ってダンベルを持ち上げる

ダンベルを持ち上げる際に反動を使いながら行ってしまうこともやりがちな一つ。

反動を使ってしまうと上腕二頭筋への負荷が低減してしまうため、筋肉を効率良く鍛えることができません。

ダンベルを持ち上げる時に反動を使わないようにするためには、ゆっくりした動作を意識しながら行うようにしましょう。

 

手首を曲げている

コンセントレーションカールを行う際に手首を曲げていることも間違ったやり方です。

手首を内側に曲げることで負荷が前腕に逃げてしまうため、上腕二頭筋をしっかり鍛えることができません。

正しいやり方で行うためにも手首は曲げずに行うようにしましょう。

 

これでコンセントレーションカールの正しいやり方をマスターすることができたな!!

ヒーローK

スポンサーリンク

まとめ

マキシマムP

今回はコンセントレーションカールのやり方について詳しく説明したぞ!!
コンセントレーションカールで鍛えることができる筋肉は上腕二頭筋なんだよな!!!

ヒーローK

マキシマムP

上腕二頭筋がバキバキだと格好いいんだよな!!
確かに!魅力的な男性になるためにも腕の筋肉は鍛えるようにしよう!!!

ヒーローK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です